「平成30年度 全国労働衛生週間」について

更新日:2018年09月13日

今年で69回目となる全国労働衛生週間は、昭和25年から毎年実施しており、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的としています。

毎年10月1日から7日までを本週間、9月1日から30日までを準備期間とし、各職場で、職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催など、様々な取組を展開します。

スローガン

「こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革」

期間

準備期間 9月1日~9月30日

安全週間 10月1日~10月7日

主唱者

厚生労働省、中央労働災害防止協会

協賛者

建設業労働災害防止協会、陸上貨物運送事業労働災害防止協会、港湾貨物運送事業労働災害防止協会、林業・木材製造業労働災害防止協会

主唱者、協賛者の実施事項

(1)労働衛生広報資料等の作成、配布を行う。

(2)雑誌等を通じて広報を行う。

(3)労働衛生講習会等を実施する。

(4)事業場の実施事項について指導援助する。

(5)その他「全国労働衛生週間」にふさわしい行動等を行う。

問い合わせ先

宮崎労働局 労働基準部 健康安全課

TEL 0985-38-8835 FAX 0985-38-8830

この記事についてのお問い合わせ

商工・マーケティング課    商工係
電話:31-1169  FAX:31-1230

新着情報
新着情報
重要なお知らせ

    現在、お知らせはありません

関連ページ
開閉ボタン
ページトップへ