オープンガバメント推進協議会について

オープンガバメント推進協議会とは

 産・官・学の連携のもと、次に掲げる事項について取組を行うことで、行政の効率性および透明性を高め、市民主体のまちづくりの向上や市民サービスの向上、新産業の創出、地域経済の活性化へ寄与することを目的としています。

(1)ビッグデータ・オープンデータの具体的活用策についての検討および活用の推進

(2)マイナンバー制度の利活用の推進

会員

 (1)地方公共団体(一般会員)

 武雄市、千葉市(会長市)、奈良市、福岡市、三重県、室蘭市、大津市、弘前市、横須賀市、郡山市、日南市、浜松市
 ※日南市は平成28年4月より、宮崎県内の自治体としては初めて本協議会に加盟しました。

 (2)大学・民間企業等(特別会員)

 東京大学大学院情報学環須藤修研究室
 日本アイ・ビー・エム株式会社
 日本マイクロソフト株式会社
 一般社団法人 オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン

オープンデータとは

 市政の透明性および信頼性の向上、市民生活の利便性の向上、市民協働の推進、新産業の創出並びに経済活性化を図り、もって行政の高度化および効率化に資することを目的に、国や自治体が保有する情報をオープンデータとして市民に公開し、公共データの自由な二次利用を促進することです。

感染症流行警告アプリ「ワーンニング」

 感染症流行警告アプリ「ワーンニング」とは、感染症の流行状況を可視化し早期対策を促すWebアプリケーションです。
 本アプリは、日南市が加盟しているオープンガバメント推進協議会において、オープンデータ活用に関するアプリケーションコンテストで最優秀賞を受賞した(株)オリズンと協議会が協力して開発したものです。

 詳細はこちらをクリックしてください。

この記事についてのお問い合わせ

総合戦略課    情報統計係
電話:0987-31-1116  FAX:0987-23-1853

重要なお知らせ

    現在、お知らせはありません

関連ページ
開閉ボタン
ページトップへ