奨学金・就学補助・教育ローンについて

小・中学校就学援助費

問い合わせ
学校教育課 TEL:31-1144

日南市立小・中学校に在籍する児童・生徒の保護者(申請者)で、経済的な理由に

より、学校で必要な費用の支払いが困難な方を対象に、学用品費や給食費等の就学

援助をおこなう制度です。

1 就学援助を受けられる方

日南市立小・中学校に在籍する児童・生徒の保護者(申請者)で、世帯の合計所得

金額が、「認定基準額」以下の場合、対象者として認定されます。

【世帯人員 2名】

世帯構成  : 父又は母(30歳代)、子(小学生)

認定基準額 : 1,377,301 円

【世帯人員 2名】

世帯構成  : 父又は母(30歳代)、子(中学生)

認定基準額 : 1,495,916 円

【世帯人員 3名】

世帯構成  : 父(40歳代)、母(30歳代)、子(小学生)

認定基準額 : 1,836,740 円

【世帯人員 3名】

世帯構成  : 父(40歳代)、母(30歳代)、子(中学生)

認定基準額 : 1,955,355 円

【世帯人員 4名】

世帯構成  : 父(40歳代)、母(30歳代)、子(小学生)、子(中学生)

認定基準額 : 2,421,672 円

【世帯人員 5名】

世帯構成  : 父(40歳代)、母(30歳代)、子(小学生)、子(小学生)、子(中学生)

認定基準額 : 2,871,792 円

【世帯人員 6名】

世帯構成  : 父(40歳代)、母(30歳代)、子(小学生)、子(中学生)、祖父(60歳代)

        祖母(60歳代)

認定基準額 : 3,195,799 円

※上記の基準額は、大体の目安であり、家族構成や年齢、住居形態等で異なります。

※生活保護を受けている方に対しては、修学旅行費・医療費についての援助があります。

2 手続きの方法

○各小・中学校に申請書が用意してありますので、必要事項を記入し、在籍する学校に

提出してください。(転入者の場合には、所得証明が必要となる場合がありますので、

事前にお問い合わせください。)

○年度途中での申請受付も行っております。

○児童・生徒1名につき、1枚の申請書が必要となります。

3 認定審査の方法

申請内容、所得等に基づき、市教育委員会で認定審査を行い、学校長を通じて結果を

お知らせします。

【年度当初申請分】・・・・・・認定時期:6月

【随時申請分】・・・・・・・・認定時期:申請月の翌月

4 援助の内容

下記の費用の一部を援助します。請求の手続きについては、すべて学校で行います。

学用品費、通学用品費、校外活動費、通学費、修学旅行費、新入学児童生徒学用品費

(年度当初認定の小・中学新1年生のみ対象)、体育実技用具費、学校給食費、医療費

(学校保健安全法に定められている対象疾病に限る)、日本スポーツ振興センター掛金

5 支給時期

認定となった世帯には、学校より請求があった金額を指定された金融機関口座に振り

込みます。

【請求月】      【支給月】

4・5・6月分・・・・・  7月

    7月分・・・・・  8月

  8・9月分・・・・・ 10月

   10月分・・・・・ 11月

   11月分・・・・・ 12月

   12月分・・・・・  1月

    1月分・・・・・  2月

  2・3月分・・・・・  3月

南那珂育英会及び日南市育英奨学基金(大学、短大)

問い合わせ
学校教育課 TEL:31-1144

二市(日南市、串間市)で、奨学金の貸付をしています。

詳細は、こちら⇒奨学金(貸付)

日南市交通遺児育英会

問い合わせ
学校教育課 TEL:31-1178

日南私立小中学校に通う生徒及び、日南市在中の高校生に対する。
父又は母、若しくはそれに代わる保護者が交通事故で亡くなり、遺児となった場合に交付しています。
みなさまの寄附、募金で運営しています。よろしくお願いします。

詳細は、こちら⇒奨学金(給付)

日南市提携教育ローン

問い合わせ
学校教育課 TEL:31-1178

日南市民で高校、専門学校、短大、大学等へ入学の決定した方、または、在学している方は、日南市提携の教育ローンを利用することができます。

詳細は、九州労働金庫日南支店にお問い合わせください。

この記事についてのお問い合わせ

学校教育課   
電話:0987-31-1144 

開閉ボタン
ページトップへ