文字の大きさ
 

国指定文化財

 

中ノ尾供養碑

 舟形後背をもつ地蔵菩薩碑。飫肥の一角にあった金剛院(現在の田ノ上八幡の西)の開山朝遍により建立されたと伝えられる。

 中ノ尾供養碑付近は、文明16(1484)年都於郡(現在の宮崎県西都市)城主伊東祐国の飫肥城攻略以来、軍事上の拠点として陣営が置かれ、合戦がくりかえされた地である。天文18(1549)年4月未明の島津軍の攻撃により、伊東軍三百余人が討死した。朝遍は、島津氏の意向を受け、相手方の伊東方戦死者の霊を慰めるために、同年の11月陣営跡に建立したと伝わる。

 

鵜戸ヘゴ自生北限地帯

 ヘゴは、湿度の高い林の中を好む熱帯・亜熱帯系の木生シダ類である。高さは4mにも達するものがあり、2mもある葉が八方に広がる。

 鵜戸ヘゴ自生北限地帯は、鵜戸神宮北側の杉が混在するくぼ地にあり、自生北限地帯として国の指定天然記念物となった。

 

東郷のクス

 大宮神社(東弁分)境内に立つ。大きさは、根回り24m、目の高さの幹囲8.8m、高さ27mを測る。樹幹は地上5mで三幹に分かれており、樹枝は東西19m、南北39mを覆っている。樹齢は、700年以上(鎌倉時代のころ)と推定されている。

 中央に高さ2mのところで直径約60僂離爛ノキを抱き込んでいたが、枯死したため除去した。

 

 

 

 

 

虚空蔵島の亜熱帯植物群

 虚空蔵島は、目井津港内にある周囲約1劼療腓如島は高さ80mくらいの岩山で、山頂に虚空蔵様を祀っている。現在は防波堤により陸続きとなっているが、築堤(昭和20年代)以前は孤立した島であり、干潮時にのみ陸続きとなり、人が渡れたと言われている。

 温暖多雨の気象条件に恵まれ、モクタチバナを優先種とする130余種の植物を育成する亜熱帯植物の自然植生を生み出した。なかでも、フカノキはこの島が北限である。

 寛永16(1639)年に飫肥藩3代藩主伊東祐久の夫人の勧請により虚空蔵菩薩が祀られたことにより、地理的条件に宗教的条件が重なって亜熱帯植物群が保護されたと考えられる。