策定の背景と意義

人口減少、少子高齢化、社会インフラの老朽化、長引く地方経済の低迷、大規模自然災害の頻発などにより、 社会情勢は厳しさを増しており、社会保障費や災害に備える経費など、苦しい財政運営を続けるなかで、 行政需要は増大しています。

地方創生や地方分権の動きが活発化するなか、限られた行政資源(ヒト、モノ、カネ)をどのようにまちづくり に活かしていくのか、これまで以上に「選択と集中」を念頭にした取組が求められています。

そのため、日南市重点戦略プランは、市民生活を守るための福祉・医療・介護などの事業については、しっかり 取り組んでいくことを前提としたうえで、長期的な視点から、まちづくりのコンセプト(理念)を示し、市民 ニーズの高い働く場の創出や商店・商店街の再生、子育て環境の充実などについて、重点的に取り組む戦略性の ある計画とします。

平成26年度 市民意識調査結果
毎年実施している市民意識調査では、市民ニーズが高いものとして、
  • 地元で働ける雇用環境
  • 活気をもたらす企業や工場が活動
  • 消費者が満足できる商店や商店街

などが挙げられています。

重点戦略プランについて

この記事についてのお問い合わせ

総合戦略課  総合戦略係
電話:0987-31-1116 

開閉ボタン
ページトップへ