地籍調査について

 地籍調査とは、一筆(※)ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」のことで、その情報が様々な場面で活用されています。

 現在、法務局や税務課にて使用している日南市管内の字図は、明治30年代半ばに作成された地図を写し取ったものが大半です。  この元々の地図は、一筆の土地を縄で囲み、その区画を筆書きしたもので、現在の測量図のように正確な図面ではありません。そのため、図面を見ても土地の境界が不明確で、面積も正確とは言えません。  地籍調査を行うことで、大切な土地財産を正しく認識し、問題ない土地を子孫に残すことができるのです。

 なお、地籍調査は、国土調査法に基づく「国土調査」の1つとして実施されています。

※土地の所有権等を公示するために、人為的に分けた区画のこと。土地は「筆」(ひつ)という単位でカウントされます。登記所では、一筆ごとに登記がなされ、土地取引等の単位となっています。

地籍調査についてもっと詳しく知りたい方はこちら  国土交通省 土地・建設産業局 地籍整備課 ホームページ  (リンク先:http://www.chiseki.go.jp/

1.令和3年度に実施する一筆地調査(現地立会)についてはこちら

2.令和3年度実施の閲覧(令和2年度現地立会区域分)についてはこちら(公開終了)

3.令和3年度実施の閲覧表提出のお願いについてはこちら

この記事についてのお問い合わせ

農村整備課    地籍調査係
電話:0987-31-1133  FAX:0987-24-0080

開閉ボタン
ページトップへ