日南市内における工場立地法の緑地面積率等の緩和について

 工場立地法では、敷地面積9,000平方メートル以上又は建築物の建築面積の合計が3,000平方メートル以上の製造業等を営む工場は、周辺環境との緩和を図るため、全国一律で全敷地のうち緑地面積20%以上を含む環境施設面積25%以上を設けることが義務づけられています。

 平成23年の工場立地法一部改正により、平成24年度から緑地面積率等に係る地域準則の制定権限及び届出受理・変更命令等が全ての市へ権限移譲されました。

 これを受け、日南市では工場敷地の有効活用、企業立地の促進を図るため「日南市工場立地法準則条例」を制定しました。

緑地面積率及び環境施設面積率

区域 区域の範囲

緑地の面積の敷地面積

に対する割合

環境施設の面積の敷地面積

に対する割合

第1種区域 第2種住居区域、準住居区域、近隣商業地域及び商業地域 100分の20以上 100分の25以上
第2種区域 準工業地域、工業地域 100分の10以上 100分の15以上
第3種区域 工業専用地域 100分の5以上 100分の10以上
第4種区域 上記以外の地域 100分の5以上 100分の10以上

日南市工場立地法準則条例

日南市工場立地法準則条例

施行日

平成29年4月1日

この記事についてのお問い合わせ

商工・マーケティング課    商工係
電話:31-1169  FAX:31-1230

開閉ボタン
ページトップへ