山林の伐採には届出が必要です

地域森林計画の対象となっている民有林の立木を伐採する場合は、森林法第10条の8の規定により、伐採開始日の90日~30日前までに「伐採及び伐採後の造林の届出書」の提出が必要です。

ただし、伐採後の転用面積が1ヘクタールを超える場合や、保安林・保安施設地区に指定されている場合は、宮崎県知事の許可申請が必要となります。

適正な森林施業及び誤伐等の防止を図るため、2018年4月1日より、「伐採及び伐採後の造林の届出書」の様式及び届出書に添付する書類が大幅に変更となります。
提出書類が増加しご不便をおかけいたしますが、趣旨をご理解のうえ適切な届出をお願いします。
なお、今回から南那珂管内(日南市・串間市)共通の様式となりました。

提出いただく書類 
※書類の不備及び必須書類の添付漏れがある場合は、届出書を受理しません。

(参考)日南市伐採及び伐採後の造林の届出に関する事務取扱要領





提出書類

提出の注意点など

備考

様式(ダウンロード)

伐採及び伐採後の造林の届出書
(様式第1号)

両面印刷されたものを使用すること。 両面印刷できない場合は、左側2カ所をホチキス止めし、割印を押すこと。

必須

伐採及び伐採後の造林の届出書
※複数筆用継紙のダウンロードはこちら

(記載例)
伐採及び伐採後の造林の届出書

伐採及び伐採後の造林の届出書
チェックリスト(様式第2号)

※届出が正しく行われているか確認するものですので、必ず、窓口に提出するまでに記入して下さい。

【項目】


① 確認事項
② 伐採の目的
③ 伐採届の記載漏れの確認
④ 添付書類

必須

伐採及び伐採後の造林の届出書チェックリスト

伐採地がわかる書類

位置図(ゼンリン地図など)に加え、字図、地積図、森林簿、森林計画図等のうちいずれか1つ

必須

土地所有者が確認できる書類

※1月1日以降に売買等により土地所有者の変更をされている場合、伐採地が共有地の場合

登記簿謄本、登記事項要約書のどちらか1つ

市長が必要と認めた場合

造林者の住所が確認できる書類

※日南市外に住所のある方

住民票、免許証の写し、マイナンバーカード等の いずれか1つ

市長が必要と認めた場合

その他、市が必要と認める書類

伐採にかかる誓約書

必須

伐採にかかる誓約書

その他誓約書


立木の売買契約書、


土地の売買契約書等

市長が必要と認めた場合

(以下、必要に応じて)
誓約書(権利の行使者が異なる場合)
誓約書(共有林の場合)

伐採及び伐採後の造林に係る状況報告書の提出について

「伐採及び伐採後の造林の届出書」に基づいて立木を伐採または造林した場合、「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」の提出が必要です。(森林法第10条の8第2項)  
造林した森林所有者等(土地の権原を持つもの)は、造林が終わった日から30日以内に、状況報告書を市町村長に提出しなければなりません。

〇造林とは...造林の種類は2つあり、木を切った後、①杉などの苗を植える植林による方法を「人工造林」、②植林などによらずに自然に落下した種から樹木を育成させる方法を「天然更新」と呼びます。

 例えば、木を切った後、特に何もしない場合を「天然更新」と呼び、造林を行っていることとなります。

(様式)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

(記載例)伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書

この記事についてのお問い合わせ

水産林政課    林政係
電話:0987-31-1135  FAX:0987-24-0080

開閉ボタン
ページトップへ