森林経営管理制度について

森林経営管理制度について

 平成31年4月1日から新たな制度として「森林経営管理制度」が始まりました。

 森林経営管理制度では、適切な経営管理が行われていない森林の経営管理を、林業経営者

に集積・集約化するとともに、それができない森林の経営管理を市が行うことで、森林の経

営管理を確保し、林業の成長産業化と森林の適切な管理の両立を図ります。

 森林の所有者は、伐採、造林や保育など森林の手入れを適切に行わなければなりませんが、

所有者による管理ができない場合、市が仲介役となって

 ・林業経営に適した森林は、意欲と能力のある林業経営者に再委託する

 ・林業経営に適さない森林や、再委託に至るまでの森林は、市が管理を行っていく

という制度になります。

森林経営管理制度(JPEG).jpeg

【期待される効果】

 ・森林の経営管理を集積・集約化することで、林業の成長産業化と森林の 適切な管理の両

  立を図ることができる。

 ・森林の適切な管理を行うことで、災害防止や地球温暖化防止など森林の公益的機能の維持

  増進が図られる。

【今後の事業の進め方(予定)】

 1.事業は、15年間(令和15年度まで)をかけて地域毎に順次行います。

 2.森林の施業履歴をもとに経営管理が行われていない森林の抽出作業を実施します。

 3.市内の森林を一定のエリア(区域)に分け、意向調査を実施します。

 4.森林所有者から経営管理権集積計画を作成することについて申出(森林所有者による管

   理ができない場合)があれば、市が経営管理権集積計画を作成します。

  5.経営管理権集積計画について、森林管理者等の同意を得ます。

  6.経営管理権集積計画を公告、縦覧します。

  7.森林経営管理事業を実施します。

【令和2年度の事業予定】

 ・今年度は、北郷町の一部地域(15林班~30林班)で意向調査を実施する予定としております。

  調査票がお手元に届いた際は、ご協力くださいますようお願いします。

    この記事についてのお問い合わせ

    水産林政課    林政係
    電話:0987-31-1135  FAX:0987-24-0080

    開閉ボタン
    ページトップへ