新規就農支援

本市の新規就農パンフレットについて

 本市の支援策について、わかりやすくまとめたパンフレットを作成しました。

 こちら(PDF)でご覧いただけます。

農業次世代人材投資事業について

準備型について

 準備型は、都道府県が認める農業大学校や先進農家・先進農業法人等で研修を受ける就農希望者に、最長2年間、年間150万円を交付するものです。
 詳しい内容については「農林水産省HP」をご覧ください。

経営開始型について

 経営開始型は、独立・自営で新規就農される方に、農業を始めてから経営が安定するまでの最長5年間、年間最大150万円を交付するものです。
 詳しい内容については「農林水産省HP」をご覧ください。

農の雇用事業について

 農業法人等が就農希望者を新たに雇用して、生産技術や経営ノウハウ等を習得させる研修を実施する場合に、その研修経費の一部を国が助成します。
 詳しい内容については「農林水産省HP」をご覧ください。

経営継承支援事業について(市独自事業)

 市が後継者のいない経営移譲希望者(農業経営者)と経営継承希望者(新規就農者)とのマッチングを支援し、農業経営者の技術・資産などを経営継承希望者へと引き継ぐお手伝いをします。
 経営移譲希望者(農業経営者)には、月額最大2万円以内(最長3年間)と移譲完了時に50万円を交付します。

 詳しい内容については、農政課(0987-31-1132)までお問い合わせください。

農業後継者等育成支援事業について(市独自事業)

 本市で農業研修する方へ、補助金を交付し、本市での新規就農を促進します。

 【交付額】

  単身者 月額2万円

  夫婦  月額3万円

  ※子どもがいる世帯は、子ども1人につき、月額1万円を加算

  詳しい内容については、農政課(0987-31-1132)までお問い合わせください。

離農施設情報サイトについて

 宮崎県の農業の主力である畜産と施設園芸は、畜舎やハウスなどの施設が必要なことから、初期投資が多額となり、新規就農者には高いハードルとなっています。また、離農後の活用がされていない施設も見受けられます。

 このようなことから、九州農政局宮崎県拠点が現場で見た離農施設の情報を集約し、新規就農者が知りたい離農施設情報の「みえる化」を図り、県内の関係機関と情報共有することにより、新規就農の一助となるよう取り組むものです。

 離農施設情報サイトについてはこちらをご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

産業経済部 農政課    農業振興係
電話:0987-31-1132  FAX:0987-24-0080

開閉ボタン
ページトップへ