改元に伴う公文書等の取扱いについて

更新日:2019年04月26日

 5月1日から元号が改められることに伴い、改元日以降の市役所における公文書等の取扱いについて、原則として、次のとおりとしますので、よろしくお願いします。

1 新元号の使用

  公文書等に使用する本年の表示は、「令和元年」とします。

  (※ 帳票等については、事務処理の都合により、「令和1年」等と表示する場合があります(会計年度の表示についても同様)。)

2 会計年度の表示

  来年3月31日までの会計年度の表示は、「令和元年度」とします。

3 旧元号(平成)が表示された公文書等の効力について

  改元日以降の年や年度を旧元号により表示している下記の公文書等について、その法律上の効果は変わりませんので、改元日以降も有効

 なものとして取り扱います。その場合、改元後の対応する年や年度に読み替えていただきますようお願いします。

 (例) ・4月30日までに作成した公文書等で、改元日以降の年や年度を旧元号により表示しているもの

     ・5月1日以降、納税通知書等で事務処理の都合により旧元号で表示されるもの 

この記事についてのお問い合わせ

総合政策部 総務・危機管理課    総務係 
電話:0987-31-1113  FAX:0987-23-1853

開閉ボタン
ページトップへ