令和2年度森林環境譲与税に関する使途の公表について

更新日:2021年10月06日

令和2年度に交付された森林環境譲与税の使途について公表します。

 令和2年度譲与額  66,246千円
 令和2年度充当額

 ① 意向調査              3,626千円
 ② 私有林整備事業             819千円
 ③ 林道・林専道の整備等       11,000千円
 ④ その他(森林整備)         7,624千円
 ⑤ 担い手確保対策           3,366千円
 ⑥ 森林・林業・木材普及の活動等      463千円
 ⑦ 日南の飫肥杉を守り育てる基金積立 39,348千円

  令和2年度 森林環境譲与税充当事業決算 → 令和2年度 日南市決算(森林環境譲与税使途).pdf

森林経営管理制度推進の入口となる「意向調査」を令和元年度に引き続き行いました。
対象面積326.38ha、発送数510件に対して331件(65%)の回答があり、そのうち今後の所有森林の管理方法についての設問では「自分(自社)の財産として管理したい」と回答した森林所有者は24%にとどまっており、森林経営管理制度に基づく取組みの必要性が明らかとなっています。
また、初めての意向調査となった令和元年度の結果を基に、森林経営管理制度に基づく間伐(1.30ha)とその推進を目的とした林道専用道路の開設(440m)を行いました。

林業就業者の減少と高齢化等による担い手不足対策としては、「担い手の確保」と「労働環境の改善」、「造林の省力化」という視点で事業に取組みを行いました。

さらには、山林の少ない自治体との連携模索、県外地域の地元産材と飫肥杉材のコラボ活用の提案などを行い、コロナ過という厳しい状況ではありましたが市内だけでなく、市外・県外に向けた飫肥杉材利用の促進に繋がる取り組みを行いました。

  森林環境税と森林環境譲与税の制度の概要 → 森林環境譲与税について(日南市).pdf

制度の趣旨や詳細について
林野庁公式ホームページ(林野庁森林整備部森林利用課)

この記事についてのお問い合わせ

水産林政課    林政係
電話:0987-31-1135  FAX:0987-24-0080

開閉ボタン
ページトップへ