微小粒子状物質(PM2.5)に係るお知らせについて

微小粒子状物質PM2.5)とは?

大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5?(1マイクロメートルとは千分の1ミリメートル)以下の物質をいいます。(髪の毛の1/40程度の大きさ。)

微小粒子物質は、自動車の排ガスや工場のばい煙など発生源から直接排出されるもの、あるいは大気中の揮発性有機化合物、窒素酸化物等のガス成分が光化学反応により生成されます。また、近年では大陸からの大気汚染物質が日本に影響を与えることが懸念されています。

人体への影響は?

この物質は、粒径が小さいことから、肺の奥深くまで入り込みやすいので、健康被害が懸念されています。

大気汚染物質が健康に及ぼす影響に詳しい国立環境研究所環境健康研究センターの新田裕史センター長によると、『基準値を多少超えたからといって、すぐに重大な健康被害が出るとはかんがえられない。ただし、ぜん息などの呼吸器や循環器系の持病がある人は、数値が高い日はなるべく外出を控えるなどの予防策を取るのも一つの方法。』とコメントしています。

微小粒子状物質(PM2.5)の環境基準値

環境省が、平成21年9月9日に『人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準』として環境基準が告示されました。

微小粒子状物質の環境基準

1年平均値が、15?/?以下であり、かつ、1日平均値が35?/?以下であること

  • 1マイクログラム=100万分の1グラム
  • 1マイクログラム/立方メートル≒1メートル四方の空間にほこりが一つ漂っている程度

この環境基準値は、呼吸器疾患、循環器疾患及び肺がんに関する様々な国内外の疫学知見を基に、専門委員会において検討したものです。

情報提供について

宮崎県では、大気汚染の状況に関する情報提供を行っています。県内の微小粒子状物質の測定値を知りたい場合は、下記のリンク先を参照して下さい。

関連リンク

全国の大気汚染物質の濃度状況等に関しては、次のホームページを参照してください。

微小粒子状物質(PM2.5)の予測に関するお知らせについて

PM2.5濃度の一日当たりの平均値が70μg/?を越えると判断された日に、市民の皆様へ注意を促すため、『微小粒子状物質(PM2.5)の予測に関するお知らせ』を、市の災害情報メール、防災無線で市民の皆様へ情報を発信します。

注意喚起の内容

注意喚起を行う判断の目安

当日午前5時から7時までの各1時間値において、県内2観測局(延岡保健所局+都城工業高等専門学校)のうち1局でも85マイクログラム/立方メートルを超えている場合、その日の平均値が70マイクログラム/立方メートルを超える可能性があると判断し、県が報道機関を通じて、注意喚起を行います。

注意喚起がされた場合

以下の対応をとることをお勧めします。
なお、呼吸器系の疾患のある方など、高感受性者はより慎重な行動をお勧めします。

  • 県が公表する速報値を注視する。
  • 不要不急の外出を控える。
  • 屋外での激しい運動をできるだけ減らす。
  • 外出時にはマスクの適切な着用を行う。また、粒子を屋内に持ち込まないためには、以下の行動も有効と思われます。
  • 屋内の換気は必要最小限にする。
  • 洗濯物を室内に干す。

この記事についてのお問い合わせ

健康増進課   
電話:0987-31-1129 

開閉ボタン
ページトップへ