平成31年度途中 保育所(園)・認定こども園 入所申込について

令和元年5月以降に入所希望の方は入所申込のしおりをご確認のうえ、お申し込み下さい。

平成31年度途中申込みのしおり.pdf

【新規】申請書.pdf

就労証明書.pdf

求職活動専念申立書.pdf

申請可能期間

入園希望月の3ヶ月前から入園希望前月の20日(土・日・祝日の場合は前日)まで

現在は、こども課・北郷町地域振興センター・南郷町地域振興センターにて、申請受付中です

申込多数の場合は、希望の施設に入所できない場合があります

支給認定について

施設を利用するためには、全ての方が市から『支給認定』を受ける必要があります。

年齢や保育の必要性の有無により認定区分が異なり、利用先が異なります。

認定区分

年齢

保育の必要性

教育・保育時間

市内で利用できる施設

1号認定

満3歳以上

なし(教育を希望)

教育標準時間

(4時間程度)

認定こども園

2号認定

満3歳以上

あり

以下の要件が必要です

保育標準時間(11時間)

保育短時間(8時間)

保育所

認定こども園

3号認定

3歳未満

あり

以下の要件が必要です

保育標準時間(11時間)

保育短時間(8時間)

保育所

認定こども園

小規模保育事業所

※2・3号認定保育の必要性について

2・3号認定(保育認定)を受けるには、保護者が「保育を必要とする事由」のいずれかに該当する必要があります。

①就労(保護者のいずれもが、月60時間以上の勤務)

 就労時間により、保育標準時間(11時間)と保育短時間(8時間)に区分されます。

②妊娠、出産

③保護者の疾病、障がい

④同居又は長期入院をしている親族の介護、看護

⑤災害復旧

⑥求職活動(起業準備を含む)

⑦就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)

⑧虐待やDVのおそれがあること

⑨育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること

⑩その他、上記に類する状態として市が認める場合

保育料について

①保育料は、全ての認定において、保護者(父母)の市民税に応じた保育料となります。

②児童父母の収入状況及びが反映されますが、祖父母同居の場合、所得状況によっては祖父母の市民税も対象となる場合があります。

その他

■市外に住民票をおいている児童が、住所は移さずに日南市の保育所・認定こども園を利用される場合は、住所地の市町村に支給認定をしていただく必要があります。詳しくは住所地の自治体にお問い合わせ下さい。

■今年度中に日南市に転入予定の方は、申込先が日南市役所こども課になりますので、事前にご相談下さい。

この記事についてのお問い合わせ

こども課    こども保育係
電話:0987-31-1131  FAX:0987-31-0373

開閉ボタン
ページトップへ