市内小中学校の対応について

感染及びその拡大のリスクを低減させながら学校での教育活動を行うための10のポイント

  ① 家庭と連携した検温及び風邪症状の確認の徹底(教職員も)

  ② マスクの着用(活動内容によって着脱の指示)

  ③ 登校時、給食の前後、外から教室に入る時、トイレの後といった機会でのこまめな手洗いを徹底

  ④ 外から教室に入る時、給食前については、手洗い後に手指消毒

  ⑤ 2方向の窓を同時に開け常時換気(空調使用時も)

  ⑥ 席の間に距離(おおむね1~2m)を確保

  ⑦ 対面座席の回避

  ⑧ 感染症対策を講じてもなお感染の可能性が高い活動は行わない

  ⑨ 多くの児童生徒の触れる場所や共用の教材、教具、情報機器などを適切に消毒するとともに、触れる前後での手洗いの徹底

  ⑩ 校門や玄関口、靴箱などで密集が起こらないようにする

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会 学校教育課    教育係
電話:31-1144  FAX:24-0987

開閉ボタン
ページトップへ