特別定額給付金の先行受付について

更新日:2020年04月30日

【よくあるお問合せ】

(質問):今回の先行受付予約を行わないと、特別定額給付金の給付は受けられないか。

(回答):今回先行受付については、5月11,12日に市役所窓口において申請を受け付ける分で、給付予定日は5月14日以降を予定しているものです。

なお、5月11日には全世帯へ申請書を郵送させていただきます。この分につきましては、13日より受付を開始し、20日以降順次振り込むことを予定しております。

よって、先行受付予約を行わないと給付を受けられないことではありませんので、ご安心ください。

特別定額給付金の受付けにつきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からオンライン申請(5月1日より受付)及び郵送による申請(5月11日頃から申請書を発送)を予定としています。

しかしながら、諸事情により一刻も早い給付を希望される市民の皆様を対象に、先行的に申請書を受け付けます。希望される方は、下記をご確認いただき手続きをお願いします。

先行申請を希望される方

先行申請の手順

1 電話での事前予約を行う

先行申請を希望される方は、受付期間内に先行申請のための来訪予約を電話にて行ってください。
担当より、先行申請日についてご案内いたします。
先行申請日は5月11日(月)及び12日(火)の2日間を予定しております。

  • 事前予約受付期間:5月7日(木)、8日(金) 8時30分から17時15分まで
  • 予約先:0987-31-1188(日南市新型コロナウイルス感染症市民生活・経済対策推進室)


2 先行申請日に来訪いただき申請を行う

電話での事前予約を行った人につきましては、予約をされた時間帯に来訪いただき、申請の手続きをお願いいたします。

  • 申請受付日:5月11日(月)、12(火) 8時30分から15時00分まで

    ※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の観点から、来訪いただく時間帯は、事前予約の際に決めさせていただきます。

  • 申請場所:市役所本庁駐車場敷地内 プレハブ会議室棟 または、多目的体育館

申請できる人

世帯主又は世帯構成者、法定代理人等
※世帯主以外の方が申請される場合は、委任状が必要です
 委任状様式(PDF)

特別定額給付金の申請・受給の代理について

代理申請・受給ができる方の範囲

  1. 令和2年4月27日時点での申請・受給対象者の属する世帯の世帯構成者
  2. 法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人等)
  3. 親族その他の平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている方等で、市区町村が特に認める方

代理申請・受給ができる方の例

申請・受給対象者本人による申請・受給が困難な場合で、かつ、代理が当該支給対象者のためであると認められる場合の任意代理として、例えば、下記のような場合が想定されます。

  1. 単身世帯で寝たきりの方や認知症の方など
    民生委員、自治会長、親族その他平素から世帯主本人の身の周りの世話をしている方について、当該者による代理申請・受給が適当であると認められる場合には、当該者による代理が可能です。
    この場合、本人と代理人との関係を説明する書類や、民生委員であることを証する書類の提示・写しの添付、その他寝たきりの方や認知症の方などのためになすものであることが分かる書類を確認させていただきます。
  2. 老人福祉施設、児童養護施設・乳児院等及び知的・精神障害者施設に入所している方
    施設の職員による代理が可能です。
    この場合、当該代理が、施設の職員が施設入所者のためになすものであることを確認させていただきます。
  3. 里親制度を利用している里子で、里親の住所地に単身世帯として住民登録されている方
    里親による代理が可能です。
    この場合、里親であることを証する書類として措置決定通知書の提示をいただき、当該代理が、里親が里子のためになすものであることを確認させていただきます。
  4. 配偶者からの暴力を受けているDV被害者
    民間支援団体による代理が可能です。
    この場合、本人と代理人との関係を説明する書類や、民間支援団体の職員であることを証する書類の提示・写しの添付等、当該代理が、DV被害者のためになすものであることを確認させていただきます。
  5. 留置施設・刑事施設に留置・収容されている未決拘禁者
    当該未決拘禁者は、弁護士による代理が可能です。
    この場合、本人と代理人との関係を証する書類の提示をいただき、当該代理が、未決拘禁者のためになすものであることを確認させていただきます。

代理人の本人確認及び本人と代理申請する方との代理関係の確認

代理人が給付金の受給の申請をするときは、当該代理人は申請書に加え、委任状(申請書の委任欄への記載を含みます。)の提出が必要です。
代理関係を確認できない場合は、代理申請はお受けできません。

申請に必要なもの

(1)世帯主のマイナンバーカードや運転免許証等の本人確認ができるもの

(2)振込先口座の通帳又はキャッシュカード(世帯主名義のものに限ります)

(3)印鑑(認印可)

※上記(1)及び(2)につきましては、コピーを取らせていただきます。

振込予定日

5月11日(月)の午前10時までの申請分(多目的体育館は除く)については、5月14日(木)振込を予定しております。それ以降の申請分については、順次振込みを予定しております。

この記事についてのお問い合わせ

日南市新型コロナウイルス感染症市民生活・経済対策推進室   
電話:0987-31-1188 

開閉ボタン
ページトップへ