日南市飫肥伝統的建造物群保存地区

日南市飫肥伝統的建造物群保存地区01
日南市飫肥伝統的建造物群保存地区02
【地区の特徴】

 日南市飫肥は、飫肥藩伊東家5万1千石の城下町として、地方における城下町の典型的な侍屋敷の歴史的風致をよく現した地区であり、九州地区で最初に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

 酒谷川に三方を囲まれた城下は、正方形に近い地割となっており、飫肥城に近い方から、上級家臣、中級家臣、町家、下級家臣の屋敷配置がなされている。武家屋敷は、格式に応じて門を構え、飫肥石や玉石のうえにお茶等の生垣で囲まれている。また、街路幅はほとんど当時のまま残されており、街路に面した石垣、生垣、門などもそのまま保存されている。

【これまでの経過】
  • 昭和49年    飫肥城復元事業開始(~昭和54年)
  • 昭和50年    「伝建保存対策調査」実施 (熊本大学)
  • 昭和51年    保存地区決定・保存条例議決
  • 昭和52年    重要伝統的建造物群保存地区に選定
  • 昭和54年    「飫肥町並み保全修景計画」調査 (熊本大学)
  • 平成6年・7年  「まちなみデザイン推進事業」調査 (建築士会・鹿児島大学)
  • 平成12年    第23回全国町並みゼミ日南大会
  • 平成19年    伝建地区選定30年記念事業
  • 平成29年    伝建地区選定40年記念事業
【地区の概要】
  • 選  定        昭和52年5月18日
  • 面  積        約19.8ha
  • 人  口        約360人
  • 世 帯 数       158世帯
  • 伝統的建造物    138件(建築物 11件  工作物 127件)
  • 環 境 物 件    23件
  • 選 定 基 準    (2)伝統的建造物群及び地割りがよく旧態を保持しているもの
  • 選 定 理 由    地方における小規模な城下町の典型的なものとして侍屋敷の歴史的風致をよくあらわし、わが国にとってもその価値は高い。

【制度説明資料】

 日南市飫肥伝統的建造物群保存地区の町並み保存について.pdf

【現状変更】

 飫肥伝統的建造物群保存地区内での現状変更行為について

【補助事業】

 飫肥伝統的建造物群保存地区内での修理・修景補助金制度について

日南市飫肥伝統的建造物群保存地区-地図

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会 生涯学習課   
電話:0987-31-1145 

開閉ボタン
ページトップへ